買ってよかったもの

除外:酒・ゲーム 食器洗い乾燥機 らくハピ エアコン洗浄スプレー ワイドハイター クリアヒーロー KANEBO スクラビング マッド ウォッシュ ラタンスティック 食器洗い乾燥機(任意のメーカー) https://amzn.asia/d/9phwTZt 一人暮らしを始めたら真っ先に買…

指示厨と分かれ道

自分で考えて決断した選択肢に後悔は少ない。 自分の場合、これは「自分の決断が失敗ではなかった」と思えるように、時には意地になって行動しているからだ。 そう考えているから、他人が下した決断にも敬意を払って尊重したい。 しかし中々そう思えない時も…

20161205

過去の日記 生涯で最も大きな憎悪の対象となった祖母Bを施設にブチ込んだ後に書いた日記。実際に身内でまた厄介な老人が増えそうなのが嫌すぎる。 -------------------------------------------------------------------------- 縁と情に縛られない生活のた…

20170314

過去の日記 2022年7月現在、軍師ミノルは配信一本になったし、新井浩文は実刑判決を受けているし、星野源は新垣結衣と結婚しちゃってる。 -------------------------------------------------------------------------------- ・生きることは死ぬための準備…

かもしれない運転

"いいね"から流れてきたツイートを見て、あるひとつの恐怖を思い出した。 寂しがり屋だということを、相手から学んだ人が愛おしいです。それまでは自分は強いつもりで、1人の時間も気にせずに過ごせていたのに、相手と出会って2人でいる幸せを教えられたなら…

強風と自転車

「潜在的なものも含め、自分にとっての敵はなるべく視界の中に入れておきたい」という気持ちがある。 敵が見えなくなってしまうと、今敵がどこにいるのかがわからなくなってしまうからである。目をつぶってしまうことは簡単だが、敵との距離を保つことができ…

他者承認と鎮痛剤

自己肯定感が低く、しかもそのギャップを他者承認を得ることで賄っているタイプは、他人の言葉を鎮痛剤として消費しているように思われる。 こういった理由で元気が出ない、気分が落ち込む、そんな相手に接する機会は、人間と接している限り発生するものであ…

要:理解ある彼くん

悩み相談に上手に対応できない。 「○○が嫌」「○○がつらい」「死にたい」みたいなことを言われた時、たいていの場合で適切な返答は「よしよし」「うんうん」「大変だったね」となっている。 私がここに至るまでには数々の質問と回答が必要である。 ・どうして…

社会的脱糞

軽率に感情的な態度を示すことは愚かな行為だ。 この考えが、気づいた時にはもう自分の中にあった。 これは、学校や家庭内で他人を眺めているうちに自然と身についてしまった結論だと思われる。感情的になると誤った決定をしてしまうリスクが高くなる。特に…

あいまいもこ

私は曖昧なものが苦手だ。 先日、数年ぶりに両親と会って食事をする機会があった。 帰宅してから、なんとなく食事中の会話を振り返っているうち、自分が「今ここでハッキリさせたい」という態度を取ることが他人より多いと改めて思わされた。 たとえば「みん…

official卑下男dism

これはよくないが、基本的に人から褒められたら9割嘘だと思っている。 人が人を褒めるシーンは色々あるが、「褒めようと思ったから褒める」のほかに「別にそう思っていないけど褒めるシーンだから褒める」「相手からの印象をよくしようとして褒める」「ここ…

それはそれ

あなたの見た目が好みだからといってあなたを肯定するわけではない。 あなたの飼っている猫がかわいいからといってあなたを肯定するわけではない。 あなたの話が面白いからといってあなたを肯定するわけではない。 あなたの作品が素敵だからといってあなたを…

答えは沈黙

何かを「好き」だと明言することには抵抗がある。 同じものを好きな者同士が集まっていくつものコミュニティが形成されている。 知らない人と交流を持とうとするとき、「好きな食べ物は何ですか?」という所からきっかけを作ることも多いだろう。そうして頻…

好きと崇拝

私が普段、意識的に避けていることとして「好き」がある。 自分の中で好きだと思う感情を検知した場合、速やかに抑制または排除を行う。 他人の「好き」を否定するつもりはない。ただ、自分にとっての「好き」は取り扱いが非常に難しいものなのである。 子供…

Aのこと

私には明確に「友人」と呼べる人間が2人いる。 そのうちAは、小学校1年時に同じクラスだったので知り合ってかれこれ20年になる。友人になったのは、ただ家が近いというだけの偶然だった。 近所の娯楽施設もあまりなかったので、ひとつの家に入り浸ってひたす…